Charity Miles

ホームページ作者のホームページへ


広告

Charity Miles

Charity Miles

『Charity Miles』は運動した距離によって、援助団体へ寄付されるという運動支援アプリ。

使い方は、起動して支援したい援助団体を選択する。聞き慣れない団体の方が多いが環境保全団体WWFや国際援助団体セーブ・ザ・チルドレンなどもあり、他の団体も簡単な内容は英語で説明があるので、それを参考に選ぶ。次に「アウトドア、歩きorラン」「インドア、歩きorラン」「アウトドアの自転車」と選択する。インドアは万歩計と同様にスマホが振られる事で距離を検知するようだ。

チームが様々あり、作ることや複数所属も可能。所属してからの獲得マイルでのランキングになるので、開始前に所属しておく方が良い。

『Charity Miles』の仕組みとしては、期間が今年の5/31までとなっており、期間内の寄付金がスポンサーから6000万円ほど用意されている。走ったり歩いたりした分がそこから獲得し、指定した支援団体へ寄付される。歩き・ランは1マイル(1.6km)あたり25セント(29円)、自転車は10セント(11円)が獲得でき寄付できる。(日本円は発行日現在)

スポンサーにはJohnson & JohnsonやMasterCard、日本では馴染みが薄いが有名大企業のHumanaなどの大企業が名を連ねる。

広告