Windows Defender Browser Protection

ホームページ作者のホームページへ


広告

Windows Defender Browser Protection

Windows Defender Browser Protection

 

『Windows Defender Browser Protection』は、Microsoft Edgeで使用される偽物のフィッシングサイトや、不正なプログラム、マルウェアがあるリスクの高い危険なサイトへの接続を警告する機能をGoogle Chromeで使用するための機能拡張。

使い方はインストールするだけ。インストール後に、「Demonstrate this extension’s protection」を押すと、デモのサイトが出るのでそこから実際にアクセスしてみると、真っ赤な表示で警告が出るようになることが確認できる。

Microsoft Edgeで使われているURLバー横の鍵マークのところに警告が出る機能などは残念ながら使用できないが、Google Chromeのプロテクト機能に追加される形なので、入れておいて損はない機能拡張だろう。

広告